スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都銀、1000件分の顧客情報を紛失(産経新聞)

 京都銀行(京都市下京区)は29日、顧客の個人情報を掲載した名簿と伝票の一部を紛失したと発表した。名簿には、14法人と943人の氏名、住所、預金残高などが載っているが、今のところ情報が不正に使用されるなどの問題は生じていないという。

 同銀行によると、名簿は平成14年7月に作成。同銀行が今年2~3月に行った一斉点検作業で紛失していることが発覚した。

 内部調査の結果、誤廃棄した可能性が高く、外部への流出懸念は低いという。同銀行は「誠に申し訳なく、深くおわびする。再発防止に向けて管理体制を抜本的に見直す」としている。

【関連記事】
4400人の顧客情報盗難 千葉のココイチで
不正アクセスでモンベル顧客情報1万人流出、カード被害100人超
消える貸金業者…借りたくても借りられない
ゆうちょ銀、3万人の顧客情報を紛失
ジブラルタ生命 3665人分の顧客情報紛失 パソコン盗難

「ADLIB」37年の歴史に幕 音楽雑誌「冬の時代」続く(J-CASTニュース)
最強のB級グルメは? 4月10、11日に栃木市でイベント(産経新聞)
課題多い若年性認知症、理解と支援体制が不十分―都が報告書(医療介護CBニュース)
子ども手当 仙谷氏、給食費差し引き検討(産経新聞)
<宇陀市長選>竹内幹郎氏が初当選(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。